MENU

競合に勝つための必須スキル ~デザインスキル~

ビジネスには余程のブルーオーシャンでない限り、「競合」というものが存在します。

 

今回はその競合に勝つためのスキル、「デザインスキル」をご紹介します。

 

一つエピソードを紹介します。画家のピカソとゴッホはご存知でしょうか?

 

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

2人と世界的に名の知れた画家ですが、作風は全く違います。

ゴッホは綺麗な風景画で、ピカソはよく分からない画ですよね?笑

当時は「画」というとゴッホのような風景画が主流でピカソの描く「画」は見向きもされなかったようです。

そんなピカソは「画」として売るのではなく、ワインのラベルの「デザイン」として世に出したのです。ワインは貴族の飲み物であった為、富裕層にピカソのデザインが受け、ぐんぐんと人気が出たそうです。

つまり、ピカソは「ビジネスの天才」だったというわけです。

 

デザインの定義は?

デザインとは、今あるものを壊し、新しいものを定義すること。

 

ビジネスは課題を解決すること

デザインは課題を発見すること

 

今でいうと「ワークライフデザイン」「ライフデザイン」という新しい定義が出てきていますね。

 

ワークデザイン・・・リモートワークやサテライトオフィスetc..

ライフデザイン・・・あえて結婚しない選択や子供をあえて持たない選択etc...

 

ビジネスチャンスにつながる課題を発見するには既存のものを「デザイン」するということがとても重要になります。

また既存のものにWHY?を持ち、目の前のことに素直にならないことも大事です。

 

昔ヤンチャだった同級生がビジネスで成功した!という話を周りで聞かないでしょうか?まさにそれですね。

 

◎ビジネスは「不」から始まる

 

・言われてやること =「業務」

・考えてやること  =「仕事」

仕事をするには「観察」「発見」「実行」が必要です。

 

ビジネスは社会の「不」を解決することで成り立ちます。

不満、不安、不便など・・・これらを解決するものはビジネスになります。

 

しかし、モノに溢れている昨今ではかつてのように物事を解決する能力(クリティカルシンキング)だけでは通用しなくなってきており、状況を観察し、判断し、解決策を考える能力(クリエイティブシンキング)が必要とされます。

 

要するに目の前の「不」に対して+α(付加価値)する能力をつける必要があります。

 

◎課題解決のフレームワーク

「不」を発見できたならば、下記のように解決策を掘り下げていきます。

f:id:beginbeganbegin:20200319000557j:plain

世の中には「不」はどこにでも転がっています。発見したならば、一度ビジネス的思考で考えてみてはいかがでしょうか?

「共感」⇒「定義」⇒「発想」⇒「試作」⇒「検証」

思わぬビッグビジネスにつながるかもしれません。

 

最後まで見て頂きありがとうございました。

下記は私のプロフィールリンク集です。

よろしければご覧ください。

https://instabio.cc/Akito-Suzuki