【禁酒・断酒】断酒して3カ月後の身体・メンタルの変化は?なんと想定外の○○効果がありました。


スポンサーリンク

約3カ月前の記事で禁酒・断酒のススメについての記事を書きました。

 

同時に私自身も断酒をしておりました。

 

断酒を決断するまでの私はと言うと、年間平均飲酒日数は360日と言っても過言ではないほどのお酒好きでした。年間通して飲まない日はほぼないと言っても良い程の・・・

 

そんな私がお酒が人体に与える影響を知り、断酒をすると決断してから3カ月が経過。

お酒が人体に与える影響については下記の記事をご覧ください。

 

ということで今回は断酒してから3カ月後の身体・メンタルはどのように変化したのか、その後の状況についてご紹介します。

こんな方にオススメ

✔禁酒・断酒を始めて間もない方

✔禁酒・断酒で心が折れそうな方︎

✔自分を大事にしたい方︎

 

結論から言うと断酒をすることはメリットしかありませんでした。

 

では行きましょう〜

 

 

身体の変化

断酒を継続して3カ月を経過したあたりから、身体に明かな変化が現れるようになりました。主な変化を3つご紹介します。

生活リズムの改善

1つ目は生活リズムの変化です。

お酒は夜に飲むことが多いですが、お酒好きはあと一杯、あと一杯と次々にグラスに注ぎ、夜遅くまで飲んでしまう事は珍しくありません。

私もそのような飲み方でした。

そして夜中にトイレで何度か目覚め、眠りが浅いまま朝を迎える・・・

その朝は決まってややお酒が残りしんどい。

そんな日々をほぼ毎日送っていました。

しかし、お酒を辞めてからは定時に布団に入りトイレで目覚めることもほぼなく気持ち良い朝を迎えることが出来ています。もちろん二日酔いのようなしんどい感じも皆無です。

非常に規則正しい生活が出来ていると実感しています。

f:id:beginbeganbegin:20210918072007j:plain

体重減少

2つ目に体重の変化です。

私は元々太り易い体質です。30歳までは所謂「炭水化物ダイエット」で体重の維持をしていました。

しかし、年々食べる量は変えていないのに体重維持ができなくなりました。

加齢には勝てないのかな?と諦めかけていた頃に断酒を開始。

すると体重は3カ月であっさりと減り、20代後半の体重まであっさりと戻す事が出来ました。

最近では会った方に「痩せましたね」とよく言われるようにまで。

f:id:beginbeganbegin:20210918072043j:plain

お酒を飲んでいた頃は、焼酎などの糖質がないものを飲めば太らないから大丈夫と思ってましたが、この結果によりそれは大きな勘違いだったという証明になりました。

お酒は太ります。

飲酒するにあたり把握しておかないといけないこと、それはお酒には糖質はないものもあるがカロリーはあるということ。

カロリーを過剰摂取すれば体重は増える・・・実にシンプルだったのです。

嫌な体臭が消えた?!

身体の変化の3つ目は、なんと足の臭さが消えました。

ビジネスシューズを履いて1日仕事をすると毎日足の匂いが酷かったです・・・

帰宅するなり、妻からは『すぐに足を洗って』『その足で歩き回らないで』と言われる始末。

まあ自分でも臭うレベルなのでそれを言われるのも仕方ありません。

f:id:beginbeganbegin:20210918072003j:plain

しかし、断酒をしてからその臭いはほぼしなくなりました。

ビジネスシューズで歩き回り、足汗もかているはずなのにです。

さすがメカニズムが気になり調べたところ、飲酒と足の臭い(体臭)は関係があるようです。

どうやら飲酒により肝臓に負担がかかり、処理仕切れなかったものが老廃物として悪臭を放っていた・・・ということのよう。

体重減少も嬉しい変化ではありますが、この体臭が消えたことが私的には1番嬉しいことであります。

メンタルの変化

次にメンタル面での変化についても3つご紹介します。

自己肯定感の向上

1つ目は自己肯定感の向上です。

これはググれば良く出てくることですが、本当にそうでした。

元々飲酒をしない方には到底理解できないことではあると思うのですが、日々お酒に頼っていた身からするとお酒を飲まずに次の日の朝を迎えることが非常に誇らしく思えるのです。

f:id:beginbeganbegin:20210918071959j:plain

「今日もお酒を飲まずに過ごせた自分は偉い」と今でも毎朝目覚めるたびに心の中で言っております。笑

二日酔いがなく、自己肯定感が上がった朝を迎えるほど最高なものはありません。

健康志向の向上

2つ目は健康志向が向上しました。

これは先述した体重減少や体臭減少、自肯定感が向上したことと繋がるのですが、以前に比べて健康体になったことにより、もっと健康になりたいという心理状態になったということです。

身体に悪いと言われている「人工甘味料」等の添加物は極力避けようという意識になりました。今まではカロリーゼロ、糖質ゼロ製品に手を伸ばしていましたが、これも極力選ばないようになりました。

砂糖も身体には良くないと言われていますが、元々スイーツ好きなので、これに関してはお酒飲んでないし、スイーツくらいは良いかと妥協しております。笑

 

個人的に思うことですが、サプリメントで身体に良いものを摂取するより、身体に悪いものを入れない方が大事なのでは?と思うようになりました。

飲酒以外の楽しみ探し

最後3つ目は飲酒以外の楽しみを探すようになりました。

飲酒を日常化していた時はお酒を飲むことが楽しみであり、お酒を止めると楽しみはなくなる、夜にやることがなくなると思っていました。

しかし、いざ断酒をしてみるとそんな感情は一切なくなりました。

3カ月を過ぎると無敵。

逆にお酒を飲まないことで得られることの方が断然多いと気づいたからです。

最近では旅行先や出張先でも夜飲まずに居れるようになったので翌朝の「朝風呂」に二日酔いなしにゆっくり入れることで幸せを感じて居ます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

お酒を辞めてみて初めて気が付いたのですが、お酒を飲むことで失うものは想像以上に多かったということです。

主には・・3つ。

  • 「健康」
  • 「時間」
  • 「お金」

私はほぼ毎日お酒を購入していたので、毎日約500円程度はお酒に使っていました。

月に15,000円で年間なんと180,000円・・・

これを死ぬまで続けていると・・・

すごい節約になります。浮いたお金でブームにも乗っかり「ロードバイク」を購入したいと計画しております。

f:id:beginbeganbegin:20210920060858j:plain

浮いたお金は資産投資に回せよ!とツッコミたいところですが、お酒を辞めたご褒美と言い訳をし、まずは自己投資したいと思います。笑

ロードバイクにハマればロードバイク系の記事も書きたいなと考えております。

 

ではでは。