業務改善コンサルタント

販売管理システムを中心に、エクセルマクロ等を駆使してローコストで効果の出るITツールを企業様に納めております。ITを活用した業務効率化を提案しております。

学習する組織 ~自己強化型ループとバランス型ループ~

組織や人の成長には「限界」が存在します。

 

この限界を引き起こす構造の一つに「自己強化型ループ」があります。

 

「自己強化型ループ」とは、あるものごとの原因と結果の変化に作用してフィードバックすることです。

結果がある方向に変化したとき、ますますその方向に変化していく模様を指します。

 

売上から販売の例でイメージすると分かりやすいです。

 

売上が上がれば利益が上がる

利益が上がれば広告費を増やせる

広告が増えれば販売が増える

販売が増えれば売上が上がる

 

このように結果により好循環が生まれています。

 

しかし、この自己強化型ループは悪い結果の場合にも同じように作用します。

つまり悪い結果の場合は悪循環が生まれます。

 

好循環の時はより良く作用するつながりを探して好循環に拍車をかければ良いでしょう。

 

悪循環の時は、必ず悪くしている理由が存在します。その部分を探し悪循環に歯止めをかけるようにしましょう。

 

 

成長の限界を引き起こす構造として、もう一つ「バランス型ループがあります。

これは、結果を変化させた後、その結果が原因で変化を打ち消すフィードバックです。

 

人口の増減を例にあげると分かりやすいです。

 

人口が増えれば死亡数は増える。

死亡数が減れば人口は減る。

 

つまり、ある要素からの影響で、逆の影響が起こるということになります。

 

 

 ものごとには収束点があり、飽和状態になり結果が思うようにでなくなったりするものです。この二つのループを理解し適切な判断を下す必要があります。

 

f:id:beginbeganbegin:20181105170416j:plain