MENU

ビジネスの基礎 〜財務スキル・キャッシュフロー計算書(C/F)〜

会社経営に重要な決算書ですが、下記の3種類があります。

 

・「損益計算書(P/L)

・「貸借対照表(B/S)

・「キャッシュフロー計算書(C/F)

 

今回はその中の1つ「キャッシュフロー計算書(C/F)について書きます。

 

キャッシュフロー計算書とは・・・

企業活動により得た収益から支出を差し引いて残る資金の流れを示したものです。

 

f:id:beginbeganbegin:20200315164249j:plain

1、営業活動のキャッシュフロー

営業キャッシュフローは、主に「売上で得た現金」「仕入れで支払った現金」「広告宣伝のために支払った現金」などの他に、「税金の支払い」「災害等に伴う保険金の受け取り」も含まれます。図で表すと下記のような流れになります。 

f:id:beginbeganbegin:20200315172948j:plain

本業から得た現金の増減なので、このフローがプラスなのかマイナスなのかはとても重要に項目なります。

プラスの場合は投資に回せたり、株主への利益還元の財源になります。

しかし、イナスの場合は早急に対応が必要であり、他の活動で補う必要があります。

 

2、投資活動のキャッシュフロー

投資キャッシュフローは投資活動により流出、流入した現金の流れになります。

・投資により現金を支払えばマイナス

・設備や株を売却して現金を受けった場合はプラス

f:id:beginbeganbegin:20200315175408j:plain

ここの項目はマイナスがダメというものではなく、マイナスならば事業拡大の為に設備投資をしたのか、別事業を買収したなどという事になり、本業で儲けが出ていてさらに投資をしているので成長する可能性があるという事です。つまり「投資するお金」があるという事です。

一方でプラスの場合は、営業活動でマイナスになり、それを補う為に行ったのか?という推測をする事も出来ます。

 

3、財務活動のキャッシュフロー

財務キャッシュフローは、資金調達と返済による現金の流れになります。

ここはシンプルで調達したらプラス、返済したらマイナスです。

f:id:beginbeganbegin:20200315181138j:plain

〜まとめ〜

f:id:beginbeganbegin:20200315183636j:plain

以上、キャッシュフロー計算書は企業の決算を読む上で欠かせない表の1つです。

100%ではないですが、企業を見る上での参考情報として活用出来ます。

 

最後まで見て頂きありがとうございました。

下記は私のプロフィールリンク集です。

よろしければご覧ください。

https://instabio.cc/Akito-Suzuki